柏屋の歩み


有限会社柏屋は、群馬県四万温泉で四万温泉柏屋旅館柏屋カフェを経営しています。

四万温泉柏屋は、昭和25(1950)年に桐の木平商店街の中ほどに「柏屋衣料店」として創業したのが始まりまです。
創業時の柏屋衣料店
この建物は、創業者の柏原雅夫が昭和初期に住宅として建築した建物がルーツになっていて、リニューアルを繰り返しつつ、現在も、柏屋カフェの店舗として現役で使用されています。

2代目の柏原達三が中心となり、昭和51(1976)年に四万温泉の温泉口地区に、部屋数8部屋の「民宿柏屋旅館」として開業したのが、柏屋旅館の始まりです。

その後、増築、改築を繰り返し、部屋数15室の「四万温泉柏屋旅館」として営業しています。

柏屋衣料店は、柏屋洋品店と名前を変え、平成14(2002)年まで営業し、平成14(2002)年より柏屋カフェに衣替えして営業を行っています。

  略年表・沿革はこちらから

私たちが目指すこと

わたしたちは、小さくても地域の中でキラリと光る会社を目指しています。
そして、それを達成するための方向性を「経営理念」や「クレド」として定義し、これに近づけるよう、日々、ミーティングを重ね努力を積み重ねています。

有限会社柏屋 経営理念

私たちは、お客さまに熱心なファンになっていただけるような、地域や業界でキラリと光るブランド化された宿やお店を創り、磨き続けます。

これを実現するための最も大切な資源は「人」です。

私たちは、仕事を通しキラリと光る「カッコイイ大人」になるため、スタッフ同士が尊重しあい、働きやすい環境をつくります。

私たちはこれらの理念を笑いと遊び心をもって実現させます。

代表取締役 柏原益夫 プロフィール

柏原益夫柏屋三代目・柏原益夫(かしわばらますお)。
四万温泉生まれ。
群馬大学工学部卒。

平成9(1997)年に有限会社柏屋入社、取締役。平成19(2007)年代表取締役。
就任後、WEB戦略、個性的な宿泊企画などを立案、販売することで、売上を4倍に伸ばし注目を浴びる。
平成22(2010)年より平成26年(2014)まで(一社)四万温泉協会長。

好きなこと 旅、スキー(元アルペン&クロスカントリーレーサー)、走ったり泳いだり自転車に乗ったりしています。
最近は、カメラがマイブームです。